テルビナフィン塩酸塩とは

ラミシール成分「テルビナフィン塩酸塩」とは

爪水虫の治療と言えばノバルティスのラミシール錠が有名ですが、有効成分テルビナフィン塩酸塩を配合し白癬菌症(爪白癬、手・足白癬、生毛部白癬、頭部白癬、白癬性毛瘡、生毛部急性深在性白癬、硬毛部急性深在性白癬)の治療に幅広く用いらる抗真菌薬です。

テルビナフィン塩酸塩には白癬菌の増殖を防ぐ働きが有ります。
真菌細胞膜を形成する必須成分の生合成の過程で必要となるスクアレンエポキシダーゼを選択的に阻害する事で細胞膜の合成を阻み、結果として菌の増殖を防ぐというものです。

数を増やす事が出来なくなった白癬菌は、死滅し次第に数を減らしていきます。
こうして、白癬菌の増殖を防ぐ事によってその活動範囲を狭め、最終的な白癬菌感染の根治を目指す方法として、テルビナフィンが用いられています。

ただし、安全性の高い薬というワケではないので注意しなくてはなりません。
用法として、1日1回125mgを爪水虫が根治するまで継続して飲み続ける必要があります。

薬を飲み続ける事の何に注意しないといけないのか?
それは、テルビナフィンのような殺菌性の高い薬を毎日125mgもの高容量を飲み続けるという危険です。
テルビナフィン塩酸塩の使用によって、以下のような症例の報告も有ります。

  • 重篤な肝障害(肝不全、肝炎、胆汁うっ滞、黄疸等)
  • 汎血球減少
  • 無顆粒球症
  • 血小板減少やそれよる死亡

余程必要性が高い場合以外は使用すべき薬では無いという事がわかります。
もちろん、薬であれば、必要な時以外は使用すべきではありませんが、本来は、症状が非常に悪く手の施しようがないような場合に用いる薬と考えるべきです。

その為、実際に使用できるかどうか、投与開始前には、肝機能検査や血液検査が必須とされ、また、投与中も定期的にそれらの検査を行うなど、慎重に確認しながら続けなくてはなりません。

また、こうした危険性から、以下のような場合は使用する事が出来ません。

  • 重篤な肝障害
  • 汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少等の血液障害
  • 過敏症

何らかの薬を継続して使用している場合も医師に問題ないかを確認する必要も忘れてはなりません。

しかし、これらは、内服薬のラミシール錠に限った事です。
こうした体への危険性の少ない外用薬のラミシールクリームは、皮膚に直接作用される事ができるので肝障害の有無などは関係有りません。

ただし、出血などを伴っている場合は注意する必要が有りますが、もしもテルビナフィン塩酸塩での爪水虫治療を考えているなら、内服薬ではなく、外用薬のラミシールクリームを用いる事が望ましいと言えます。