海外製の治療薬は市販されている

クリアネイルは海外で市販薬として販売されている

以前から水虫だった自覚があり、それが悪化して爪水虫を初めて患い市販薬を探している場合、残念ながら、日本で市販されている爪水虫の治療薬はありません。病院では、ラミシールなどの処方薬がありますが、それらの飲み薬を用いるのが一般的となっています。

ですが、範囲を日本から海外へ広げてみると、爪水虫治療薬として一般的に販売されているクリアネイルがありますが、その特徴は、何と言っても外用薬のみで完治する事が可能という所ではないでしょうか。

内服薬のラミシールは、継続して服用すれば、体内に成分であるテルビナフィン塩酸塩が蓄積し、それが、白癬菌の細胞内に取り込まれる事で治療効果を発揮します。

しかし、細菌にとって毒性のある成分を体内に取り込む事は、細胞で成り立っている私たち人間にとっても同じように悪影響が考えられます。実際、ラミシールの服用には、医師の判断が必要となるという制限が付いているのもその為です。

また、薬自体は、対症療法と言って、症状に対しての有効性のあるものが使われますが、その一方で身体に負担をかける副作用がつきものです。毒をもって毒を制すという言葉がありますが、その毒こそがいわゆる飲み薬なのです。

西洋医学では、副作用が当たり前の事と言われてしまいますが、効果がある反面、不安定なものでもあると言っているのと変わり有りません。また、薬の副作用は、時としてその人が本来持っている免疫力を下げるなどの恐れもあり、過剰に服用すべきものではありません。

そうした部分を踏まえても、海外では市販薬として取り扱われているクリアネイルなら、安全性をキープした状態で治療を継続する事が可能となります。

また、テルビナフィン塩酸塩を内服する爪水虫治療の場合、再発するリスクも低くなると言われていますが、これは、体内に成分が残っている事を示唆します。

爪水虫が治った後も成分が排出されず、そこに残っている。
しかも、体内の血流によって運ばれる事で、実際は、どこにたどり着くかわからない点を考えると、体中の毛細血管から皮膚へと成分が運ばれているかもしれません。

そう考えると、内服薬による治療は、効果がある一方で無駄も多いという事を理解いただけるのではないでしょうか。

その点も患部に直接塗る事ができるクリアネイルなら、無駄にする事無く、身体にも負担をかける事がありません。こうした点を考慮して、どの方法が自分にとって最適なのか考える事も必要となってくるのではないでしょうか。