日ごろから出来る治療補助

いわゆる荒療治でも根治できる場合もある

爪水虫の治療は、白癬菌の特性から考えても、クリアネイルラミシールなどの医薬品を使用しない限り根治することは難しいですが、日頃からの取り組みでも改善出来る場合があります。
そこで、薬を使用せずに治療する方法について触れてみたいと思います。

その為には、細菌の弱点が何なのかを考える必要がありますが、原始的な殺菌消毒の方法を思い浮かべてみればすぐにわかることですが、熱によって細菌を死滅させるという方法です。

食材の調理にしても言えることですし、医療器具の乏しい地域では、医療機器を熱湯に浸して殺菌する方法は未だに用いられています。

熱処理で白癬菌が死滅させるには、40℃以上が効果的と言われていますので、40℃以上のお湯に一定時間浸す事でも殺菌が可能と言われています。欲を言えば、45℃程度が良いと言われていますが、そこまで高温になると熱湯になり低温火傷の危険性もあるので、皮膚が薄い場合は無理は禁物です。

実際に、「爪水虫になったが熱いお風呂に入るのが好きで、毎日そうしていたら自然に治っていた」という例もあるようです。

また、別の例では、獄中の生活を送っていた囚人の一人が水虫を発症し間もなく爪水虫も発症。
皮がボロボロになり出血する程に症状が進行してしまったそうですが、別の囚人のアドバイスでローソクの蝋(ロウ)を患部に垂らすという方法で殺菌した例もあったと言われています。

これも同じように一時的に熱を加えることで、白癬菌を熱で殺菌し根治に向かうという治療方法ですが、いわゆる荒療治の一つと捉えられます。

このように、薬を使わない熱処理による殺菌方法がありますが、これも毎日続けなければ効果が現れません。どちらも苦痛を伴うものであり、皮膚の低温火傷等に充分注意しなければいけないということを考えても、健康上のリスクが伴います。

こういった方法と比べても、爪の表面に薬を塗るだけで殺菌できるクリアネイルは、負担なく継続することが可能です。