爪水虫の塗り薬

爪水虫の塗り薬の紹介

爪水虫には、いくつかの塗り薬がありますが、日本国内で販売されているものよりは、海外製の方が優れているものが存在します。

クリアネイル

当サイトでもメインに紹介している爪水虫専用の塗り薬です。
クリアネイルは、有効成分のトルナフタートが硬い爪組織から直接患部へと浸透する事により、白癬菌を殺菌する事ができます。

使用方法も簡単で、1日2回を基本として毎日塗布するだけです。
個人差はありますが、爪の生え変わりの期間に合わせて、根元から新しい爪が生えてくる位の期間、継続して使用する事により、爪水虫を根治する事が可能です。


チモールリキッド

クリアネイルの次に海外で人気なのが、チモールリキッドです。
こちらは、植物由来成分のチモールを使用している薬液です。

チモールは、殺菌力に優れた成分として4,000年以上も前から使用されてきています。
また、食品のスパイスとしても含まれているのですが、スパイスは、香辛料としての働きだけではなく、殺菌作用に優れた成分ばかりです。

チモールリキッドには、アルコールが含まれているので、皮膚からの浸透力が優れています。これを爪と皮膚の間に塗布する事により、クリアネイルとダブルで殺菌力を発揮してくれます。

爪水虫の治療のみ専念するならクリアネイル・チモールリキッドのセットにするという方法もあります。

水虫治療も行うならこちら

ラミシール

ラミシールは、水虫の改善に有効な殺菌力の強い外用薬です。
爪水虫の場合には、内服薬のラミシールによる治療が推奨されていますが、肝機能への影響等を考慮すると使用すべきではありません。

外用薬であれば、その問題も無くなります。

爪水虫と水虫の両方を一緒に治したいという場合に、併用する事が可能です。
これら3つの外用薬は、それぞれの使用場所が異なるので、併用しても問題ありません。