外用薬のラミシールATクリームも有効

爪水虫のサポートや水虫予防に最適

ラミシール内服薬は、重篤な副作用を起こすリスクも伴うため、オススメは出来ません。実際、爪水虫治療を病院で行う場合、処方されるラミシールを半年程度服用する事になる為、肝臓の健康状態をチェックします。

それで問題なければ、使用する事が出来ますが、肝機能や腎機能に問題があったり、何らかの疾患を抱えている場合には、ストップがかけられる事があります。

いずれにしても健康上大きなリスクを伴う事に変わりないのです。

ですが、ラミシールも使い道はあります。

成分(テルビナフィン塩酸塩)の有効性はお墨付きなので、それを最適な方法で用いる事さえ出来れば問題ありません。それが、外用薬のラミシールATクリームを使用するという事です。

外用薬も内服薬同様の成分なので、これを皮膚から塗れる範囲で患部に塗布する事が出来れば、治療に用いる事が出来ます。

爪水虫に直接塗布する事は難しいと思いますが、その原因元である水虫が残っていたららラミシールATクリームを用いる事で早期治療が可能となります。

また、爪水虫治療中に再び白癬菌が感染し、水虫になるリスクを下げたり、完治後に水虫の再発が気になり出したら前もって塗布しておく事での予防としての活用も可能ではないでしょうか。

早期治療のサポートや予防としてなら、ラミシールATクリームは、有効な対策方法の一つとなってくれるのではないでしょうか。

ただし、使い方は、薬の説明書に書いてある通りでそれ以外は自己責任となるので、くれぐれもご注意下さい。外用薬なので、何らかのトラブルが起こるリスクは低いと思いますが、注意に越したことはありません。