ラミシールATクリームの効き目

皮膚と爪とでは浸透力が効き目を分ける

水虫を発症していると、それが悪化して爪水虫を併発する場合が多いものです。
水虫の患部から、その指や隣の指の爪に、水虫菌が移ってしまうからですが、白癬菌が皮膚だけでなく、爪にまで感染するという事は…。

同じ白癬菌なら、水虫治療の外用薬であるラミシールATクリームも爪水虫に併用できて良いようなものです。では、そのように爪水虫を発症してしまった場合、どうすれば良いのでしょうか?

爪水虫も患部は違いますが、同じ白癬菌が原因の病気ですから、ラミシールATクリームなどの水虫の塗り薬を爪にも塗ればそれで済むと考えてしまうかもしれません。しかし、そう簡単にはいかないからこそ大変なのが爪水虫です。

なぜなら、爪は皮膚と違って固いため、普通の水虫の薬では全然浸透しないからです。

結局、ラミシールを爪水虫に用いるなら、内服タイプのみ。
皮膚科に行って、内服タイプの抗真菌薬を処方してもらうしかありません。つまり、外側から薬を塗ってもダメなため、内側から対処していくという事になります。

しかし、そのラミシール錠も、妊婦さんは使えなかったり、アルコール摂取によって効果にバラつきが出たりと、色々問題点も抱えていること。特に肝機能障害を起こすリスクだけではなく、成分が治療完了後も残留する恐れさえあります。

同じ水虫なのに、患部が皮膚と爪と違うだけで、こうも面倒臭くなるものなんですね。そのため、水虫を発症した場合は、爪水虫を併発して大変なことにならないためにも、早急に手当てすべきだそうです。