アメリカでは普通に市販されている薬

海外ではメジャーな爪水虫治療薬

水虫の市販薬はよくドラッグストアで見かけると思います。
私も水虫が疑わしい時には、すぐにドラッグストアへ行き、ブテナロックなどの水虫治療薬を購入してみたものです。

しかし、爪水虫のものとなると見かける事はありません。
これは一体どういうことなのか。もしかして、爪水虫も水虫と同じく、白癬菌が原因の病気ですから、水虫の市販薬をそのまま転用できるのでしょうか?

このように考えてしまうかもしれません。

爪水虫の場合、患部は硬い爪で覆われているため、普通の水虫の市販薬程度では、全然浸透力が足りないからです。結局、「これが爪水虫の治療を可能とする外用薬です」と言えるものが日本では、承認できるレベルに無い為、市販薬として存在していないという事が言えます。

そのため、皮膚科で内服タイプの抗真菌薬を処方してもらうのが主だそうですが…これも肝臓等の内臓に負担がかかるとかで、実際はあまり良くないのだとか。

そこで、最近話題になっているのが、クリアネイルです。
成分のトルナフタートが爪に上から塗るだけでちゃんと改善効果が見込めます。具体的には、1日に2~3回塗布するだけで、およそ2~3週間で症状の改善が見られ、4~6ヶ月で完治すると言われていますが、個人差はあります。

皮膚科で飲むタイプの抗真菌薬をもらう場合でも、最低半年はかかると聞きますから、手間的には断然クリアネイルの方が良さそうですね。日本ではまだ認可されていない為、個人輸入によるしかありません。

また、その場合も正規品とパッケージのみを流用した偽造品などあるようなので、早期治療を実現する為にも、正規品をちゃんとしたルートで手に入れるのがリスク低下に繋がります。